蓮舫さん1967年11月28日丙申 病の日を四柱推命で想像する性格と運勢

Pocket

蓮舫さん1967年11月28日、すごい人気で、参議院選挙を秒殺で当確しました。
民進党の党首になるのでは?との声もありますが、これからの運勢はどうなっているんでしょうか?

スポンサードリンク

丙申(ひのえさる)の日 病の日生まれ、11月・冬の太陽がイメージ。
輔映湖海と言われる、湖や海の上に太陽が輝いて、水面にキラキラと反射して美しい風景です。

夕陽

日 月 年
   空亡 辰巳
  未 九星 六白

03 13 23 33 43 53 63
  壬  癸  甲  乙  丙  丁
亥  子  丑  寅  卯  辰  

夕陽

辛・申金の豪華な船が浮かんでいます。

丙火から辛・申は財星、人の中にいて輝きたいという意識が強く、いろんな人と交流をしたいようです。

大運は、24歳から春の運、54歳から夏の運と丙の太陽エネルギーはどんどん強くなっていきます。
特に、53歳までが勝負、経験と基盤を、どこまで高く積み上げることができるのか、楽しみな運です。

蓮舫さん、丙申の性格

沈みゆく夕陽がイメージ

物事にこだわりやすく、夢を実現しようと一生懸命に頑張る人です。
直感力があって、現実をしっかりと見据えて行動できるのですが、短期的な集中力は抜群ですが、長期的なことには粘りが弱いのが弱点。

スポンサードリンク

感謝の気持ちを持って、物事に打ち込んで生活をしていれば、必ず援軍があらわれて、成功に導いてもらえます。

臆病で用心深い性格、感受性が強く、対人関係に敏感で頭を悩ます傾向が強く、神経が疲れやすいので短気で怒りっぽい性格がでやすいようです。

なんでも深刻に考えすぎて、自分自身を苦しめてしまう傾向があるので、仕事は専門技術や自分の才能を活かせる職業につけるといいでしょう。

頭の回転が早く、ファイトがあって活発、勝気な性格にみえますが、内面は細かい神経の持ち主で先々のことまでいろいろと心配して取り越し苦労しやすい傾向があります。

対人関係は好き嫌いが激しく自分で交際範囲を狭めている傾向があります。

人の言葉や態度に極端に反応しすぎて、自分勝手に相手の気持ちを想像して悩んでみたり、他人からみると、しょうもない事で悩んだりやきもきと気をもむようなところがあります。

人の話をじっくり聞かない傾向があって、自分の都合の良いように解釈したり、思い込身が激しいところがあって、思いやりに欠けた自分勝手な性格と誤解されやすいところがあります。

蓮舫さん、1967年11月28日の大運・運勢

大運は、23歳まで冬の寒い季節ですから、丙の太陽は特に13歳までの壬子運は、両親の環境や考え方、生き方に左右されます。

24歳から、甲寅・乙卯と春の運が巡って、丙の太陽エネルギーは徐々に強くなっていき、特に亥卯未三合木局する34歳から43歳の運に殺風景だった風景を、緑豊かな魅力的な風景に作り上げる時期でした。

44歳から53歳・丙辰・比肩 冠帯は、自分の夢を実現、手に入れる時期となりました。
参議院議員選挙も、あっという間に当確が出るほどの人気です。

53歳までの運気はよっぽどのことがない限り、安定しています。

63歳からの丁巳の大運、辛・申金との剋が始まって、人間関係に変化が起こるかもしれません。
今回の小池百合子さんのように、作り上げた人脈を壊して、新しい人脈?
どんなことになるか、注目したいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です