10年後には消える職業が49パーセント?

Pocket

今朝もテレビで働くロボットが紹介されていました。
老人ホームでお話するかわいい女の子のお人形が大人気で、会話が増えたそうです。

お店やホテルなどで、お客さんを案内するロボット。
家族の一員として、子供の勉強に付き合うロボットなど・・・・。

ロボットが優秀になることで、昨年末にショッキングなニュース、10~20年後には、日本の労働人口の約49%の職業を人口知能(AI)やロボットが代わってやっている可能性があるかも?

その代表的な職種とは、

・一般事務
・経理事務
・貿易事務
・データ入力
・医療事務
・受付
・電話オペレーター

などのどちらかといえば、女性が担当している職種がズラリと並んでいます。

スポンサードリンク

そして、生き残る職種は

カウンセラー・コーチ・医師・教師・ライター・アーティスト・アナウンサーなど

サービスが求められる職種、独自の創造性がもとめられるものや、他者理解して寄り添うものだったり、説得力が必要なもの、個性が求められるものが生き残るようです。

10年後に向けて、10年後に通用する自分を作り上げる覚悟があるでしょうか?

10年、長いようで短い時間です。
あなたは、10年後にどんな職業について、どんな生活をしているんでしょうね?

今の仕事に満足しているし、10年後もなくなるような職種じゃないから大丈夫。
という方「以外」は、ぜひ10年後の自分を想像して、動きましょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です