滋賀県のメタセコイア並木道の紅葉はドライブやツーリングにおススメ 

Pocket

「メタセコイア並木」は、滋賀県北西部に位置する高島市マキノ町にあり、マキノピックランドからマキノ高原までの総延長約2.4kmにわたって500本の「メタセコイヤ」という高さ35メートルの樹木が植えられている並木道です。

ここはどこ?って目をみはるほど、日本の風景とは思えない見事なメタセコイアの並木が延々と続く風景は、 平成6年11月には、読売新聞社の「新・日本の街路樹百景」に選定 されました。

「メタセコイアの並木」の紅葉の見ごろと、周辺での楽しい時間の過ごし方をご紹介します。

スポンサードリンク

メタセコイアとは?

スギ科メタセコイア属の落葉高木で、和名はアケボノスギ。

メタセコイアは、日本では80万年前に日本では絶滅したとされていましたが、1949年に中国から種や接ぎ木を譲り受けて、日本各地で育てられるようになりました。

最大樹高が115mにも及ぶといわれるセコイアに、その姿が似ていることから、メタ(変形した)セコイアと名づけられました。
メタセコイアの高さは35メートルほど。

メタセコイア並木道

滋賀県北西部に位置する高島市マキノ町の、マキノピックランドを縦貫する県道小荒路牧野沢線に、延長2.4kmにわたって「メタセコイア」という樹木が約500本植えられ、マキノ高原へのアプローチ道として、大きな木が両脇に並ぶ光景は、まるで外国にいると錯覚してしまいそうですが、高原らしい景観を楽しむことができます。

紅葉スポットとしても人気の高い「メタセコイア並木道」は、実は一年中魅力がたっぷり、春は芽吹き、そして新緑から夏の深緑、秋の紅葉へと移り変わり、冬の裸樹・雪花と春夏秋冬・季節によって姿や彩りが変わって、いつ訪れても、新鮮で飽きることはなく、絶景を求めて訪れる人が増えています。

円錐形のメタセコイアの並木の四季それぞれの美しさと、まっすぐに伸びる道路が造り出す、対称形の整った景観は、キャンバスのような野坂山地の山々や高原の遠景とも調和して、訪れる人々を魅了しています。

スポンサードリンク

真っ直ぐにのびる道路を朱色に覆いつくすメタセコイアの秋の紅葉は絶景!として、1994年には「新・日本街路樹百景」にも選ばれています。

メタセコイア並木道と周りの山々や高原の紅葉とのコラボしたスケールの大きな風景が眺められると人気がある紅葉スポットですから、ドライブやツーリングに、特におススメします。

秋は並木道の紅葉はもちろん、山々の木々の映ろいとのコンビネーションや近くの果樹園では秋の味覚の狩りもできます。
メタセコイア並木の紅葉は、例年10月下旬から色づき始めるのですが、見頃は11月の上旬~11月の下旬にかけてがきれいです。

メタセコイア並木までのアクセス

車のインターチェンジは名神高速・京都東ICから国道161号・湖西道路を経由して約90分。
少し距離はありますが、琵琶湖を右手に見ながらのドライブを楽しみながら走りましょう。

JR:湖西線でマキノ駅下車・JRマキノ駅よりタウンバス:マキノ高原線で約6分「マキノピックランド」下車すぐ

住所:滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野

お問い合わせ: びわ湖高島観光協会 TEL:0740-33-7101 FAX:0740-33-7105

「マキノピックランド」でフルーツ狩り

秋の味覚、りんごや栗拾いを楽しめます。

日帰り温泉施設「マキノ高原温泉さらさ」

絶景を堪能したら、温泉でひと汗流して心身ともにリフレッシュしましょう!

湯治場の白谷温泉

古くから関西でも有数の病気治療療養のための湯治場として親しまれてきた白谷温泉。

出典:hachioujisou.com

天然ラドンの入っている天然ラジウム温泉として有名です

天然ラドンの入っている天然ラジウム温泉として有名な温泉です。メタセコイア並木で素晴らしい紅葉を堪能した後は、温泉で身も心も癒されてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です