1986年3月26日生まれの女性の仕事運と結婚運を四柱推命

Pocket

1986年3月26日生まれの女性の仕事運と結婚運を四柱推命
壬申(みずのえさる)の日生まれ、壬水は川がイメージ、3月は卯月、年支の寅木は桜でしょうか?

年干に丙火の太陽が輝いて、穏やかな陽射しに包まれながら、桜が咲いて、3月卯はチューリップなど春の花に囲まれた小川の風景です。

スポンサードリンク

1986年3月26日の女性の命式と大運

日 月 年
  丙
 卯 寅

hns0033-039

08 18 28 38 48 58 68
辛  庚  己  戊  丁  丙  乙
卯  寅  丑  子  亥  戌  酉

春  春  冬  冬  冬  秋  秋

1986年3月26日の女性の適職

1986年3月26日は、壬申(みずのえさる)の日、壬水を自分としてみていきます。。

壬・比肩:自分。兄弟・友人・ライバル

癸・劫財:兄弟・友人・ライバル

甲・乙:食神・傷官:表現力・他人に自分の才能を伝える能力・精神面
丙・丁:偏財・正財:お金・社交性
戊・己:偏官・正官:自己抑制力・忍耐力
庚・辛:偏印・印綬:知性・教養・才能・母親

壬水は地支に根がないので、小さな川とみますが、辛・申金の原水がコンコンと湧き水となって補給していますから、清らかな水の川の流れです。
春3月はだいぶ暖かくなった季節ですが、大運が冬の季節に向かいますので、年干の太陽が、とっても大切な星となります。

スポンサードリンク

辛・申金は印星は、師・士が着く専門職を身につけることによって、いつまでも清らかな水を保ち、水が枯れる心配がありません。
金星が良い作用をしますから、金融、金属関係、医師、看護師や鍼灸師などがあります。
専門分野の資格や技術を磨いて、自信がついたら、寅・卯の食傷で人に伝える、自分をいかにアピールしていくかに繋がっていきます。

1986年3月26日の女性の大運の運勢

28歳までの己丑土運

己丑は上下に土星ですから、土が壬川の流れを止める作用とか、泥が大量に川に入り込んで、泥水ですからきれいに澄んだ川として流れることができません。
先が見えない、自分の良さを表現することができず、周囲にもわかってもらいにくいようです。

29歳から38歳の戊子運

戊土は己と違って岩石など硬い土ですから、堤防となって、水の流れの調整はありますが、壬の川は子水に通根して、急に川が増水して、勢いの強い流れになりました。
己丑の運では、我慢できたことができなくなります。

小池百合子東京都知事に似たような運気が入ってきました。

今までは、我慢して周囲に合わせていたのですが、それがいやなので、自分の思うように生きてみたい、自分が決めた目的地に向かって、自分の思い通りに流れていきます。

季節の変わり目に、風を引きやすいなど、体調面を整える時期がありますが、自分のエネルギーのコントロールを上手にできるようになるまで、2.3年多少の気苦労があるかもしれませんが、経験をつむことによって、自分で運を切り開く、能力が身についてきます。

頑張って!

1986年3月26日の女性の結婚運

壬からは、丙・丁の財星と戊・己の官星が結婚運ですが、甲・乙の食傷で自己アピールして、丙・丁での社交性で人脈を広げて、結婚相手を絞って、戊、己までに、結婚するのが理想です。

大運河冬から、秋を生きることになりますので、年干の丙の太陽がとっても良い働きをしますので、午年や6月生まれ、または丙の太陽を持っている誕生日の人とご縁ができると、自分らしく生きることができることと思います。

エネルギーはたっぷりあります。
自分の目標を決めて、しっかり行動してくだされば、運は味方しています。

ただ、

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です