自己評価低すぎませんか?パジャマはシャネルの五番でいこう^^

Pocket

「こんな自分ではダメだ」と思いながら生きていて、苦しいと感じていませんか?
まだまだ・・・と自分にダメ出しばかりしていませんか?

「どんな自分でも、存在していてもいいのだ」と思うことができれば、苦しさから解き放されることができます。
そして、「どんな自分でも、存在していてもいいのだ」と思うことは、今からでも可能なのですよ。

スポンサードリンク

自分が思いこんでいる、”最低な私”に対して、それでも生きていくことはかまわないよね、とOKを出すことができると、を揺るがない自信をもてる自分に変身します。

img_arasiyama6475

スポンサードリンク

揺るがない自信があることに気がついて、その自信を育てると、自分を大きく見せたいと偽ってみたり、周囲の空気を気にするあまり気を使いすぎての無理をしてまで、テンションを上げなきゃ、頑張りすぎる必要がなくなって、等身大のそのままの自分で、人と関わることができるようになります。

とは言っても、なかなか、ピンとこないと思いますが・・・・。

何かがきっかけとなって、強い情動を伴うことがあれば、脳の神経可塑性(かそせい)というのは、認知に対してのパターンが変わりやすいのです。

自分のなかで、揺るがない自信が育てば、傷つきたくないと自分を保護するために常に身につけてきた、重たい鎧や盾などの防御装備はいらなくなります。

暖かい場所では素足にTシャツに短パン、で十分です。

ラクですよねえ(笑)

寝るときは、シャネルの5番がパジャマ、と言ったのはマリリンモンロー。
締め付けるものがないので、超リラックス状態。

脱ぐほどに動きやすく、着込むほどに動きにくい。

過去はどうだったかわかりませんが、今から脱ぐかどうかは、あなたしだい、あなたの課題ですね。

大野ヒロさんという方のメルマガをアレンジしてみました。
肩肘張らずに、等身大の自分で人生を、勝負してみたい、という方は、大野ヒロさんのメルマガ、読んでみませんか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です