二黒土星の夫が艮方へ古い家を壊して新しく建てる時に注意すること

Pocket

二黒土星の主人が北東へ家を建てたいと相談が、平成22年4月29日にありました。どうしても急いで建築したい時の方位除けや、古い家を壊して新しく建てる時に気をつけることなど、忘備録として、メモっておきます。

スポンサードリンク

古い家を壊すときの注意すること5点

1・古い家を壊わす時は、最低1カ月以上空き家にしてから、壊すこと。
(最低でも21日間)
古い家の長年の様々な気の因縁が滞留しているのを、こうして、古い家の気抜きをすることになる。

2・現在建物が建っている場合、壊して整地して、1カ月間は太陽光に当てること。

3・半分壊して、半分に住んでなど、居普請(住みながら工事をする)は凶。

4・家の完成後にどうしても改善修理をしないといけない時は、60日以内に住ませること。

5・中央階段は凶相となるので、避けること。

建築着工の時期

建築してはいけない時期

・一等親族が亡くなって一年間。
しかし、生存中に着工したものは差し支えない。
・主人が本厄の年、男性42歳・女性33歳。

スポンサードリンク

上記以外なら建築しても良い。しかし、気になる人は由緒ある神社に出向き、方位除けの祈願をしてもらうと良い。

二黒土星の主人が家を建てる相談

平成22年4月29日に相談。

どうしても急いで建築したい時

二黒土星の主人艮方・北東へ建築したい。
・6月8日から㋆4日の間に取り掛かること。
地鎮祭など、可能。

氏神様へご挨拶と地鎮祭

実際には、9月8日から始めるのが良い。・

・地鎮祭、土地の神様へのごあいさつ。

吉方位の土を埋める

・夫・二黒土星の吉方位の土を用意して地鎮祭までに埋めること。
5月の巽(7-7)の三重県・伊勢の猿田彦神社の土が良いとのことで、三重県まで行って、お砂をいただいてもらいました。。

・敷地の4隅に10センチほど、穴を掘って埋める。

・猿田彦神社は、城南ぐうの祖神さま。
京都の城南ぐうは女の人の方除けに良い。
京都」の表鬼門」を守る」「赤山禅院」は男の人の方除け。

赤山禅院の土もいただいて一緒に埋めました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です