四柱推命占い 十二運 胎(たい)の性格と適職

Pocket

生まれた日の十二運が 胎(たい)の日の性格と適職

胎は身ごもったばかりの胎児、
柔らかい芽、発芽がイメージ。
理屈、理論好きな真っ直ぐが基本なので、
臨機応変に対処することは苦手。

スポンサードリンク

十二運 胎の性格

出たとこ勝負の生き方や的当なこと、
いい加減なことができなくて、
チャランポランな行動は許せません。

女性の方が、男性よりきちんとしていて、
設計図をしっかり書いて線路を引いて、
線路にそってきちんと人生を運行したいと思います。

命令されたり、指図されたりするとペースが
極端に乱れて止まってしまいます。
自分が決めた通りに動くことができれば
スムーズに走ることができ、伸びる性格なのです。

気分で動くことができない、理論に基づいた行動をしたがる
理屈やさんなので、女性の胎は、男性をがんじがらめ
自分の思い通りに動かないと気にいりません。

スポンサードリンク

水の胎は、表面的にはわからない。
火の胎は、自分の思い通りに進まないと
納得しない、妥協しません。

自分なりのマニュアルがあった方が良い、
ち密に計画を建てて手抜きをしない、完璧にしたい。
計画を途中で変更されることを嫌う。

 胎の職業の選び方・適職

学校の先生など、知的なものが・好き。
自分が周囲の人と対等、もしくは少しでも上にいないと良さがでない。

きっちり、ち密な仕事をしたい人、
マニュアルがあって、計画的な仕事。
軍師型、補佐的な立場の番頭さん。

真っ直ぐな直線コースの道、前がしっかり見えていないと不安、
カーブがあって、先が見えないのは苦手なので、
新しい発想が必要な仕事は、苦手かも・・・。

あなたの十二運は?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です