2017年の運勢無料占い 乙の日生まれの仕事運と恋愛運と金運

Pocket

2017年の運勢を無料占い 乙の日生まれの仕事運と恋愛運と金運

乙木(きのと)の日干の人から、2017年丁火の通変星は、食神となります。
食神は発散する能力、周囲に自分の持っている才能や勉強してきた資格や技術を自己アピールの年、いかに目立つ存在になるか、発散のエネルギーが強く働きます。

スポンサードリンク

乙木の日生まれの2017年の仕事運

乙木はお花やツル系の植物がイメージ、藤の花やあさ顔、ツル系植物?

52d23e4ed45757fdf3ac5032a5d2bd78

2017年の酉(とり)年は、季節は9月を意味し、秋です。

乙と丁の関係は、乙木が自分の身を犠牲にして丁火のエネンルギーになって、火が燃えるのを助ける、木生火。
2017年は、木生火、木は火を燃やすために燃料になる、まずは、与える、損して得取れです。

丁の食神がめぐる時は、 いかに人より抜きんでるか、目立つ存在になるかということに意識が働きます。」
頭の回転の良さが発揮され、感性が鋭く観察力が増し、新しいアイディアや企画力に冴え仕事が活発になります。

ただ、自分の動きがはやすぎるので、周囲との関係が見えなくなるなど視野が狭くなったり、周囲にたいして不満が強くなり、批判的な態度や口調がきつくなるなどk難情的になりやすく、ピリピリ、イライラと神経質になります。

周囲とのコミュニケーションがとれず、自分の殻に閉じこもるなど、孤独を好む傾向が強くなったり、転職を考えたり、せっかくのアピールするという運気が使えないので、注意が必要です。

食傷の巡ったときは、人の中でめだってこそ・・・ですから、冷静に感情を抑えて、周囲といかに協力して成果をあげるか考えましょう。

とくに、乙さんは、ツル系植物の藤の花などがイメージですから、甲木の大木に支えられてこそ、高いところで花を咲かせることができ、遠くの人の目にもとまるのです。

2017年、丁酉は、自分の内面に秘めていた、アイデアや企画を実現に向けて、周囲にアピールする時期なんです。

そのためには、理想と現実の違いに批判的な態度や愚痴・不満もあるでしょうが、そこを抑えて、応援してくれる人を増やさないといけません。 周囲の人たちとのコミュニケーションを大事に、自分に出来ること、やらなければいけないことだけに集中しましょう。

スポンサードリンク

Y366208062あおにおんせん4

通変星が比肩・劫財に蒔いた種が、食傷で芽を出して、財星でていねいに育てて、官星で収穫となります。

印星は、収穫した結果を踏まえて、反省したり、次の発散の時期、比肩劫財の種まきや成長期にむけて、新しい知識や技術を身につける、勉強して自分を磨いてより大きな収穫ができるように準備する。

通変星は、こんなサイクル、となります。

2017年 乙木の日生まれの恋愛・結婚運

乙木の日生まれの男性の恋愛・結婚

積極的に行動すれば、華やかな年になりそうです。
外見を重視しすぎる傾向がでやすいので、結婚を考えている人は、性格も冷静に見たほうがいいかもしれません。

乙木の日生まれの女性の恋愛・結婚運

食傷運の時期は、男性への採点が厳しくなりやすいようで、普段我慢できたことが不満に思えて口にだしてしまい、小さな口喧嘩が思いがけない別れ話に発展してしまうんなんてことにならないように、大事なものを大切にしまよう。

出会いはありますから、友人として、気楽なお付き合いから始めたほうが良さそうです。
お付き合いしている女性は、不満が爆発して、ケンカ別れに注意しましょう。

2017年 乙の日生まれの人の金運

乙木から、金運を表す通変星は、戊(つちのえ)己(つちのと)土(人脈)です。
乙木は、戊・己の土に根を張って安定し、栄養をもらってきれいに咲きます。
この土が、程よい暖かさ(表現力)で温められて、また、適度な湿り気(知性・教養・資格)があって、乙木は育ち、実をつけて収穫してお金になる。

丁火の2017年は、丁のたき火に自分の持っているものを提供する、例えば、たき火でサツマイモを焼けばおいしい焼き芋物が食べられる。
火を使うことによって、どうやって人に喜んでもらえるか?人に喜んでもらって、目立つ存在になることによって、金運はついてきます。。

酉(とり)は収穫の秋、涼しく過ごしやすい季節、土に湿り気もあり、金運はまずまず、努力次第で期待できるようです。

2017年 乙木の日生まれの健康運

2017年、丁のたき火が燃えていますが、燃やし続けるためには、乙の燃料が必要です。
自分の力量をしっかりとわかってエネルギー配分して動かないと、息切れするかもしれません。

感情面のコントロールが必要です、趣味など、心が楽しめる時間もつくりましょう。。

とくに、乙卯(きのと・う)の日や、己卯(つちのと・う)・辛卯・癸卯・また、3月・卯月生まれの人は、変化が起きるなどと考えますので、健康診断をしたほうが安心かもしれません。
足、腰のケガや肝臓などに注意

雨量無料n

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です