四柱推命占い 十干の意味 イメージと使命

Pocket

四柱推命占い 十干の使命

十干自体に吉凶は無く、十干それぞれに、使命があると考えます。

甲木大樹は、酸素を供給して私たち人類が生きることを助けてくれます。

スポンサードリンク

甲木は、樹木がイメージ。

山脈にそびえ立ち、きれいな酸素を供給する役割を持ち、
使命をまっとうする力がなければ、十干としては、役にたちません。

甲木は、家の建材ともなり、庚金によって、床柱などに使われる
高級な木材となったり、一流の庭園の観賞用の松の木となります。

乙木は花やツルの植物がイメージ

人々を癒す、美しい鮮やかな花として咲き誇ること、
華やかな美しさを保ち、人々の目を楽しませるのが使命。

丙火は太陽がイメージ

寒冷を解き、土を暖めて、万物を成長させ、木も発育させます。
丙火が強い時、壬水との相性もよく、湖面に映して鮮やかな風景を演出し、
炎熱となれば、無用の太陽となり人から嫌われ、恐れられます。

丁火は月・灯火、燃える火がイメージ

暗闇の中で光を放ち、周りを明るくすることが丁火の使命。
戊土を、生じる事はできず、丙火の熱や、光にはとうてい及びません。

戊は山岳・丘の土がイメージ

人々から美しい山と賞讃されることを使命とし、奔流した水を止めます。
甲木が戊土を刺激して美しい山をつくります。

スポンサードリンク

己土、田園の土がイメージ

穀類や作物を育てる。万物を育てることが、使命。
湿土は、金を良く生じますが、火星が多い土は、焦土となり
金を生ることはできません。

庚金は、掘り起こされたばかりの剛鉄

庚金は丁火で鍛錬が必要です
丁火で器物となりに家の鉄筋や、船や、車に変化して
世の中の役立つ商品になることが使命。
丁火で 鍛錬できなければただの鉄のかたまりで錆び付くのみ、
人々から相手にされず、無用の人物となります。

辛金、宝石に例えられる金。

庚金とは異なり、すでに加工されている金、貴金属。
宝石は輝いてこそが使命。壬水で、洗練されることを喜びます。

壬水は川や湖・海がイメージ

万物に潤いを持たせることが、壬水の使命。
丙太陽にとって、無くてはならない十干となり、
丙の陽射しを受け止めて、鮮やかに映し出すのが、壬水の使命。

癸水は雨や井戸水がイメージ

万物によく潤いを持たせることが使命。
特に 甲木を生じ樹木を育てます。
普及に弱く、庚金の水源を必要とするのが特徴。

鑑定のしかた
十干自体に吉凶はなく、どのように使命を果たすのかを、
考えて行くことが大切だと思っています。

人命に置き換えたとき、どんな生き方を目指すのかは、
各十干の性質によって違いますので、日干を中心に
命式全体のバランスを見て想像していきます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です