中川俊直 政務官 辞任 なぜ? 性格や運勢は?四柱推命占い

Pocket

中川俊直議員が政務官辞任へ。今週発売の週刊新潮に不倫報道が乗るようで、また週刊誌の不倫ネタかよと思われるかもしれませんが、“重婚ウエディング”までした愛人と揉め、現職議員が警察に「ストーカー登録」されてしまったという前代未聞のニュースが新聞やテレビで報道されています。一体どうなっているの?で、誕生日を四柱推命で占ってみました。

スポンサードリンク

中川俊直:1970年4月25日の命式

日 月 年
 庚 庚
 辰 戌

乙:比肩(自分)
甲:劫財(兄弟・友人・上司。頼りになる人)
丁:食神。表現力。自己アピール。火の燃料となって人につくす。
丙:傷官。表現力。自己アピール。太陽の温かさで成長する
己・戊:財星。父親、お金、人脈、妻。女性
癸。壬:印星。母親、上司。知性。教養。資格。地位名誉

乙のお花は、辰・戌土の父親と、亥水の母親から栄養と、潤いをもらい見守られて、きれいな花になるべく成長します。
大運も33才まで、壬午・癸未と夏運ですから、伸び伸びとそだったことでしょう。

中川俊直:1970年4月25日の大運

03 13 23 33 43 53 63
庚  辛
  壬  癸 =”color:#00CB00;”> 甲  乙  
辰  巳  午  未  申  酉  戌

中川俊直:1970年4月25日の風景

乙亥(きのとい)、乙木は草花やつる系の植物がイメージ。

4月25日、桜が終わって、亥水の川が流れる、辰・戌土の広い土地に春の優しい色の花が植えられていますが、乙木の根っこは小さくて弱く、広い土地の割には花の数が少なくて、少し寂しい雰囲気です。

庚・庚金の植木屋さんが、手入れをしていますから、きれいに整えられた風景ですが、乙の花一個に、庚。庚の鋤や鍬や刃物にいつも見守られて、きれいに咲けよ!と声かけられて、緊張気味?

2017年4月18日

中川俊直の性格は?

写真を見ると、貫禄があるし、高校生の時は陸上をしていたそうで、さわやかなスポーツマンタイプに見えます。

でも、誕生日は茎が柔らかい春の花、チューリップや藤の花などのつる系植物がイメージで、おまけに根っこが辰土に小さいのがあるだけですから、与えられた環境のなかで、誰かに支えられて花が咲く人で、自分だけで運を切り開くことはできません。

おまけに、庚・庚金の刃物をいつも首に突きつけられているような緊張感を感じる風景ですから、精神的に落ち着かない雰囲気を感じます。

2007年(37才)大運・甲申~現在:精神対話士・指導精神対話士に昇格(全国で約20名)

周囲の期待が自分の力量以上に大きいと感じて、プレッシャーに押しつぶされそうになることがあったり?

中川俊直議員が政務官辞任の原因は何?

中川俊直議員のフェースブックより、

本日、一部週刊誌に掲載される予定の記事をめぐり、経済産業大臣政務官の辞表を提出いたしました。
多くの関係者の皆様に対して、心よりお詫び申し上げます。
家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すべて私の不徳の致すところであり、言い訳のしようがありません。誠に申し訳ござ
スポンサードリンク

出典:https://www.facebook.com/toshinao.nakagawa

会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
これって、ストーカーしていたってことだったんですねえ。
家族がいて、国会議員で・・・って自分の立場を冷静に考えることができない状態って・・・・。

2007年~現在:精神対話士とし、独居高齢者・うつ病・自殺志願者等の心のケアのボランティアを勤め、精神対話士の指導・教育に従事。
とありますから、精神面に興味をもって、勉強されていたんですね。

大運は、43才まで甲申・劫財

甲は樹木ですから、乙の藤の花が甲の樹木に巻き付いて支えられて、伸びていく運気となりますが、申(さる)は季節は秋、乙の植物にとっては、現実を冷静に受け止めて、タイミングを計って動く時期。

大運は44才から、乙酉。比肩、

月干支の庚辰と干合・支合する天地徳合、大きく出世するか、今まで築き上げたものを無くすか?考え方や生き方によって大きく運が変化します。。

2016年:丙申・傷官は、丙の太陽が輝いて乙のお花はきれいに咲くと想像しますが、大運は秋、年運も秋、申酉戌で金の方合と、春や夏が吉運の、乙のお花にとっては、しんどい時期、現実を受け止めないといけない。

2017年:丁酉・食神は、乙木が丁火のエネルギーとして、自分の身を削って世間の役にたつ、自己アピールの時期、良くも悪くも世間の注目を浴びるのですが、悪いほうで注目されることになってしまいました。

乙のお花は、きれいに咲いたつもりでも、現実は厳しかった?精神的に追い詰められるようなことがあったのでしょうか?

2018年:戊戌・正財は、新しい土地に乙木を植え替えることになりそうですが、戌月は10月で晩秋、そして戊戌の土地は、岩盤ですから、根をはるには相当の忍耐努力が必要となります。

また、大運や年運の、乙と乙の関係は、同じつる系植物のライバルがいて、ツルどうしが絡み合って、地べたをはい回るなど、足の引っ張り合い?、浜昼顔の風景を想像します。
きれいにさいていますが、みな同じように見えて、抜きんでることはできない。

中川俊直 (なかがわとしなお)プロフィール

出身:広島県
生年月日:1970年4月25日
血液型:A型
趣味:ランニング

【職歴】

大運:癸未
癸水は母親、未土は父親

1993年~2001年:テレビ東京
・スポーツ記者(Jリーグ・大相撲担当等)
・政治記者(野党キャップ・首相官邸・自民党担当)

2001年~現在
元自民党幹事長 中川秀直衆議院議員秘書(二男)
2007年~現在:精神対話士
2010年
指導精神対話士に昇格(全国で約20名)
2012年:自由民主党 衆議院議員

【略歴】

テレビ東京政治記者や衆議院議員秘書として15年に渡って永田町をウォッチする傍ら、心のケアの専門家、指導精神対話士として活動。
池上彰氏監修『本当にやりたい仕事20』の中で、精神対話士が取り上げられる。
テレビ朝日『報道ステーション』にて『911の遺族 精神対話士として被災地に』がOA。

【講演】

全国各地の病院や看護連盟より講演依頼をいただき、『病院や教育機関での精神対話士活用』の必要性を訴えている。
その他、独居高齢者・うつ病・自殺志願者等の心のケアのボランティアを勤め、精神対話士の指導・教育に従事。
国会において長妻厚生労働大臣(当時)が、衆議院厚生労働委員会で、自殺者対策などでの精神対話士の活用について答弁。

【精神対話士とは】

薬の処方や精神療法といった医療行為を行うのではなく、例えるなら海堂尊氏著『チームバチスタの栄光』で活躍する、主人公 不定愁訴外来の田口公平先生のように、被災者や心に傷を持つ人達の愚痴や不満や不安を聞いて、対話をすることによって精神的な支援を行う心の訪問ケアの専門職です。

出典:http://www.odik.co.jp/artist/bunkajin/nakagawa_toshinao.html

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です