節分 うしとらの魔目(まめ)を射って 福を呼ぶ 

Pocket

節分とは、 うしとらの魔芽を射って 福を呼ぶ

旧暦では、新年が春から始まったのです。
立春の前の日の2月3日が節分とされ、
現代のおおみそかのようなもの、と考えます。

そこで、新しい年が幸せでありますようにと、
「福」を呼び込みましょう、と豆まきをして
邪気払いをするようになったのです。

鬼は、邪気の象徴で、鬼が住んでいるところが
「鬼門」・丑寅(うし・とら)の方角にあるため
うしの角と、トラの牙を持ち、トラの皮の柄の
服をきているのです。

豆まきは、五穀で一番大きな大豆を、
魔物の目に(魔眼)に投げつけて、
魔を滅する(魔滅・まめ)ための行事なのです。

スポンサードリンク

大豆を煎って使うのは、「魔眼を射る」となり、
豆をひろい忘れても、芽がでてこない、
悪い芽がでないように考えられたものです。

東北地方では、煎った大豆の代わりに、
落花生をなげます^^。

豆まきが終わったら、年齢に一つ足した数の豆を食べると
無病息災で過ごせると、言われています。

イワシ・焼い嗅がし

玄関先に、焼いたイワシの頭をヒイラギに刺した
「焼い嗅がし」を飾るのも、鬼を寄せないため、
イワシの匂いが嫌いだったり、
ヒイラギの葉っぱのギザギザが鬼が逃げる時に痛い・・・・。

恵方巻き

最近は、恵方巻きを喰べる、風習が全国的に
広がっています。

今年の恵方は・・・

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です