日本の暦の七十二候(しちじゅうにこう)とは?

Pocket

日本には春夏秋冬の四季がはっきりしいてるので趣があるというか情緒があって、良い国だな〜と思っているし、外国の観光客も季節を感じに旅行に来てくださっていることと思います。

四季、4つの季節ですが、日本の暦にはもっと細やかに、この4つの季節を分けて名前をつけたものがあるので、ご紹介します。

スポンサードリンク

二十四節気

一年・12か月を半分にして表現しています。

一月 :立春 雨水
二月 :啓蟄 春分
三月 :清明 穀雨
四月 :立夏 小満
五月 :芒種 夏至
六月 :小暑 大暑
七月 :立秋   処暑
八月 :白露 秋分
九月 :寒露 霜降
十月 :立冬 小雪
十一月:大雪 冬至
十二月:小寒 大寒

日本の暦には、季節を表す言葉があって、その文字の意味を想像しながら読みとることも、楽しい時間だったりします。
そして、暦はさらに細かく別れて名前がついているんですね。

七十二候(しちじゅうにこう)

二十四節気をさらに約5日ずつ3つに分けています。。

下記のように、72の季節に表されています。

z二十四節気  七十二候(よみかた)      意味
+—–+—————————–+———————————+
立春     東風解凍(はるかぜこおりをと)  東風が厚い氷を解かし始める
       黄鶯??(おうこうけんかんす)   鶯が山里で鳴き始める
       魚上氷 (うおこおりをいずる)  割れた氷の間から魚が飛び出る
雨水     土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)雨が降って土が湿り気を含む
       霞始靆 (かすみはじめてたなびく)霞がたなびき始める
       草木萠動(そうもくめばえいずる) 草木が芽吹き始める
啓蟄     蟄虫啓戸(ちっちゅう こを ひらく)冬蘢りの虫が出て来る
       桃始笑 (ももはじめてさく)   桃の花が咲き始める
       菜虫化蝶(なむしちょうとなる)  青虫が羽化して紋白蝶になる
春分     雀始巣 (すずめ はじめて すくう)雀が巣を構え始める
       桜始開 (さくらはじめてひらく) 桜の花が咲き始める
       雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)遠くで雷の音がし始める
清明     玄鳥至 (つばめきたる)     燕が南からやって来る
       鴻雁北 (こうがんきたる)    雁が北へ渡って行く
       虹始見 (にじはじめてあらわる) 雨の後に虹が出始める
穀雨     葭始生 (あしはじめてしょうず) 葦が芽を吹き始める
       霜止出苗(しもやみてなえいずる) 霜が終り稲の苗が生長する
       牡丹華 (ぼたんはなさ)     牡丹の花が咲く
+—–+—————————–+———————————+
立夏     蛙始鳴 (かわずはじめてなく)  蛙が鳴き始める
       蚯蚓出 (みみずいずる)     蚯蚓が地上に這出る
       竹笋生 (たけのこしょうず)   筍が生えて来る
小満     蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)蚕が桑を盛んに食べ始める
       紅花栄 (べにばなさかう)    紅花が盛んに咲く
       麦秋至 (むぎのときいたる)   麦が熟し麦秋となる
芒種     螳螂生 (かまきりしょうず)   螳螂が生まれ出る
       腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)腐った草が蒸れ蛍になる
       梅子黄 (うめのみきなり)    梅の実が黄ばんで熟す
夏至     乃東枯 (なつかれくさかるる)  夏枯草が枯れる
       菖蒲華 (あやめはなさく)    あやめの花が咲く
       半夏生 (はんげしょうず)    烏柄杓が生える
小暑     温風至 (あつかぜいたる)    暖い風が吹いて来る
       蓮始開 (はすはじめてひらく)  蓮の花が開き始める
       鷹乃学習(たかすなわちたくしゅうす)鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える
大暑     桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)桐の実が生り始める
       土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)土が湿って蒸暑くなる
       大雨時行(たいうときどきふる)  時として大雨が降る
+—–+—————————–+———————————+
立秋     涼風至 (すずかぜいたる)    涼しい風が立ち始める
       寒蝉鳴 (ひぐらしなく)     蜩が鳴き始める
       蒙霧升降(ふかききりまとう)   深い霧が立ち込める
処暑     綿柎開 (わたのはなしべひらく) 綿を包む咢(がく)が開く
       天地始粛(てんちはじめてさむし) ようやく暑さが鎮まる
       禾乃登 (こくものすなわちみのる)稲が実る
白露     草露白 (くさのつゆしろし)   草に降りた露が白く光る
       鶺鴒鳴 (せきれいなく)     鶺鴒(せきれい)が鳴き始める
       玄鳥去 (つばめさる)      燕が南へ帰って行く
秋分     雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)雷が鳴り響かなくなる
       蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)虫が土中に掘った穴をふさぐ
       水始涸 (みずはじめてかるる)  田畑の水を干し始める
寒露     鴻雁来 (こうがんきたる)    雁が飛来し始める
       菊花開 (きくのはなひら)    菊の花が咲く
       蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)  蟋蟀が戸の辺りで鳴く
霜降     霜始降 (しもはじめてふる)   霜が降り始める
       霎時施 (こさめときどきふる)  小雨がしとしと降る
       楓蔦黄 (もみじつたきばむ)   もみじや蔦が黄葉する
+—–+—————————–+———————————+
立冬     山茶始開(つばきはじめてひらく) 山茶花が咲き始める
       地始凍 (ちはじめてこおる)   大地が凍り始める
       金盞香 (きんせんかさく)    水仙の花が咲く
小雪     虹蔵不見(にじかくいれてみえず) 虹を見かけなくなる
       朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)北風が木の葉を払い除ける
       橘始黄 (たちばなはじめてきばむ)橘の葉が黄葉し始める
大雪     閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 天地の気が塞がって冬となる
       熊蟄穴 (くまあなにこもる)   熊が冬眠のために穴に隠れる
       鮭魚群 (さけのうおむらがる)  鮭が群がり川を上る
冬至     乃東生 (なつかれくさしょうず) 夏枯草が芽を出す
       麋角解 (さわしかつのおる)   大鹿が角を落とす
       雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)雪の下で麦が芽を出す
小寒     芹乃栄 (せりすなわちさかう)  芹がよく生育する
       水泉動 (しみずあたたかをふくむ)地中で凍った泉が動き始める
       雉始鳴 (きじはじめてなく)   雄の雉が鳴き始める
大寒     款冬華 (ふきのはなさく)    蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す
       水沢腹堅(さわみず あつくかたし) 沢に氷が厚く張りつめる
       鶏始乳 (にわとりはじめてとやにつく)鶏が卵を産み始める
+—–+—————————–+———————————+

スポンサードリンク

各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっていて、日本の気候風土を表す「本朝七十二候」として略歴本に残っています。

ちなみに、2017年は7月23日が大暑となっていますから、今日の7月29日は「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)で、土が湿って蒸暑くなるの時期ですかね。

古典でも勉強しなければ、読み方が難しくて覚えられませんが・・・・。

季節の変化を刻むのが暦だとしても、昔の人は、細やかに季節を観察する目を持っていたんですね。
旧暦は、農作業をするためのスケジュールかんりにとっても大事なものとして、現在も使われていて、いとこが青森で農家をしていますが、の旧暦で生活している?んですって。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

旧暦・年中行事カレンダー 2017[本/雑誌] / 創元社/編
価格:1512円(税込、送料別) (2017/7/29時点)

日本は季節は大きく四季に変化し、二十四節気、七十二候と、細やかな変化とともに時期が流れていくのを感じながら生きていくって風情を感じられるのって、日本人だからこそですよね。

昔の暦も用意して、1月・2月数字のカレンダーと見比べてみませんか? 

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です