四柱推命占い 日柱で結婚する相手との夫婦の関係はわかるのか?

Pocket

日柱で結婚する相手との夫婦の関係はわかるのか?

日柱は夫婦の関係を見る柱で、日干が自分を表し、日支は配偶者を表す、と言われています。

実際の鑑定では、夫婦お二人の命式全体から、相性やつながりの強弱などを判断しますが、今回は、日柱から想像できる結婚相手との関係の傾向を、想像してみたいと思います。

スポンサードリンク

日干が日支を生じる干支の時

日干が日支を助ける、日干から日支に漏らす干支の夫婦関係は、自分が相手に尽くす関係、尽くしてあげたいというタイプとなります。

男性の場合は、妻を守ってあげたいという思いが強いことが想像されます。
女性の場合は、夫を引き立てて、献身的に尽くす性格が想像されます。

日柱の干支

甲午・乙巳・丙辰・丙戌・丁丑・丁未・戊申・己酉・庚子・辛亥・壬寅・癸卯
木火・木火・火土・火土・火土・火土・土金・土金・金水・金水・水木・水木

日干が日支から生じられる干支の時

日干が日支から生じられる、助けられる干支の夫婦関係は、自分が相手から助けてもらえる関係、尽くして欲しいというタイプとなります。

男性の場合は、妻に尽くされるタイプとなりますが、印星が日支ですから結婚する相手は母親的な包容力のある女性を求める傾向が強く、尽くしてもらうのが当然と思っている男性が多い様です。

女性の場合は、夫に守ってもらえる関係ですから、夫が自分のために一生懸命尽くしてくれるのはあたりまえだと思う傾向があります。

日柱の干支

甲子・乙亥、丙寅・丁卯、戊午・己巳、庚辰・庚戌・辛丑・辛未、壬申・癸酉)

スポンサードリンク

日干が日支を剋す干支の時

日干が日支を剋す干支を蓋頭干支といい、その夫婦関係は、自分が相手を支配したい関係、自分の思い通りにしたいとなります。
男性の場合は、妻に対してこうなって欲しいと要求するタイプとなり、特に比肩や劫財が強いと、気遣いや優しさに欠け、我儘な亭主関白型になる場合も多いでしょう。

女性の場合は、夫に対してこうしたらいいのにと注文が多くなり、夫を厳しい目で見る傾向も出て、不平不満が多くなります。

日柱の干支
甲辰・甲戌・乙丑・乙未、丙申・丁酉、戊子・己亥、庚寅・辛卯、壬午・癸巳

日干が日支に剋される干支の時

日干が日支に剋される干支を截脚干支、この夫婦関係は、自分が相手に苦労させられる関係、迷惑をかけられる、苦労をしょい込むことになりやすいのです。

日柱の干支
甲申・乙酉、丙子・丁亥、戊寅・己卯、庚午・辛巳、壬辰・壬戌・癸丑・癸未

男性の場合は、妻に神経を使つたり気を使う女性を選びやすく、落ち着くことができない家庭の傾向が想像されます。
女性の場合は、一生懸命に尽くしても文句ばかり言われる、夫から注文をつけられたりして、何かと夫に対して神経を使って疲れる関係で、何かと気を使う感謝されることのない、夫婦生活になるかもと想像します。

日干と日支が同一五行の干支の時

日干と日支が同一五行の干支を専旺干支、男女同権の夫婦関係となり、友達のような気楽な関係と想像します。
男性の場合は、夫婦が対等で、自分と同じ様な考え方や働くことを女性に求め、お互いに自立独立型の傾向で、我が強い性格を想像します。

女性の場合も、男性と一緒で、共稼ぎも厭わない傾向で束縛をきらいますから、封建的な考え方の男性を選ぶとストレスがたまります。

日柱の干支
甲寅・乙卯、丙午・丁巳、戊辰・戊戌・己丑・己未、庚申・辛酉、壬子・癸亥

まとめ

実際の鑑定では、夫婦それぞれの命式を照らし合わせて、相性などを見ていきますので、上記の内容はあくまでも傾向性であって、断定するものではありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です