祐気採りの種類や効果&やり方のまとめ

Pocket

九星気学には、欲しいものを手に入れる開運アイテムに、祐気採りという方法があります。祐気採りには引っ越しや旅行、散歩をするなど何種類かあります。吉方位へ移動することで開運する方法ややり方をご紹介します。

スポンサードリンク

祐気採りとは?

祐気採りとは、あなたの生まれた年を本命として、相生する空気を身体の中に採り入れて江ネルギーアップさせる方法を言います。
祐気採りにはいくつかの方法があり、広く知られているものには引っ越しや家相があります。

最近は、吉方位への泊りがけや日帰りでの旅行や効果は弱いですが積み重ねることで大きな効果が期待できる祐気散歩などがあります。

吉方位は、採る方位によって効果が違いますので、起業・開業・仕事の成功、受験・就職や転職・恋愛や縁談・不動産・健康など、目的合わせて祐気採りを実践することをおススメします。

ご希望の方には、目的に合わせた指導をさせていただきます。

祐気旅行

基本的に、年盤と月盤と日盤が祐気・吉方位になった時に行います。

旅行期間が45日以上になりますと自己の太極が移転してしまいますので長くても1カ月以内にしましょう。
日本国内の旅行なら月盤が吉方位であれば、年盤は剋気の凶方位でも短期間なら、祐気採りの旅行はできます。

祐気散歩

祐気散歩は、日盤と時盤の吉方位に向かって歩きます。
日盤の祐気は60日続くと言われていますし、時盤の祐気は60時間、有効です。
時盤は2日ちょっと有効と考えると、時盤剋気は2日と半日で消えてしまいますので、日盤祐気のみを使って、時間の吉方位は気にしない。というやりかたでもかまいません。

時間を気にしないことで、いつでも思い立った時間に祐気散歩に出かけることができます。
散歩ですから、距離は短いですし、時間も短時間でしょうが、2日と12時間後から吉方位のエネルギーが動き出すわけですので、気持ちよく毎日を過ごせるかと思います。

次元採り

12日間や12カ月、12年間、同じ方角の吉方位を採り続ける方法です。

日の次元相採りは、12日間毎日続けます。
初日は、月盤と日盤と時盤を、吉方位に合わせて、始めます。

スポンサードリンク

途中でどうしても行けない日が一日できると、散歩は中止となり、再度月盤、日盤及び時盤が吉方位で始めることになります。

2日目以降は夜の11時前までに行えば、何時でもかまいません。

必ず、10分以上自宅に在宅した状態から自宅を出発、決められた吉方位の場所に、初日は20分間以上、2日目以降は10分間以上、足を止めて滞在してから、自宅へ戻ります。

自宅を出発してから自宅へ戻るまで、決められた場所以外で買い物したり飲食するなど寄り道をしてはいけません。
自宅を出発する前及び自宅に戻った後は、10分間以上在宅して、気を家に貯めます。

お水採り

吉方位の湧き水を、年盤、月盤、日盤、時盤が吉方位にそろった時にいただいて、家に持ち帰り、飲んだり、家の周囲に撒くなどに使います。

お水採りは、その土地の空気を含んだ清水・湧水・井戸水などで、特に神社の湧き水をいただくことことが多く、お水採りができる日は賑わいます。

水道水やため水や川の水などでは効果がなく、使いません。

家に持ち帰ったお水は、火にかけて騰させたりすることなく、そのまま飲みます。
焼酎や他の酒の水割りにして飲んでも効果はありませんので、ご注意。

お土採り

石、砂、土は体に採り入れられませんので家の床下に撒いたり、室内に置いたり、病気の患部にはったり、置くなどしてして発散する気を身体の中に採り入れたり浄化する方法です。

お土採りは、30㎝以上の穴を掘った、汚れのない土でないといけないなど、条件が厳しいので、最近は、神社で売っているお砂をいただく程度になっていて、自分ですることはあまりないと、私の先生は言っています。

移居動身

病気で外に出られない人など、家の中で寝る場所、心臓の位置を吉方位に移動させる方法です。

お布団の移動は、いつも寝ている場所の心臓の位置から、磁石を使って測った吉方位へと移動させます。

寝る場所を吉方位となる別の部屋へ変更するか、同じ部屋の中でも1メートル以上の吉方位へ動かすことによって、効果は期待できます。

寝所の移動について

寝る場所は一度決めたら移動することなく、常に一定の場所に定ることを、おススメしています。

夏は暑いからこちらの北の涼しい部屋、冬は寒いから南側のおひさまが暖かい部屋で、なんてお布団をあちこち動かしている人は太極が定まらず土台がしっかりしないので、何事も落ち着きがない人生になりやすいのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です