四柱推命で8月の庚申の日生まれの男性の運勢と手相鑑定

Pocket

1967年8月24日誕生日の男性が、僕の運勢をみてくださいとのことでを鑑定させていただきました。手相の写真も許可していただきましたので、四柱推命と手相のコラボ、参考になればうれしいです。

スポンサードリンク

1967年8月24日男性の命式

命式

日 月 年
庚 戊 丁 空亡 子丑 
申 申 未 九星 6白金星

大運 

05 15 25 35 45 55 65
戊  丁  丙  乙  甲  癸  壬
申  未  午  巳  辰  卯  寅 

庚申(かのえさる)の日生まれの金星が3個に、丁火が1個、戊・未の土2個から、想像する風景は、山や洞窟、または大きな建物の中で庚金の剛鉄を丁火で溶かして、商品に加工している風景。

鉄の製品を作る工場、大きな材料がありますから、自動車や電車、船などの工場かな?

大運15歳まで、丁未で鍛錬の時期、丁は官星、自己抑制の星ですから、15さいまでは我慢を強いられることが多かったかも。
甲・乙の財星・父親の星はありませんが、父親が結構厳しい人だったそうで、職業もまじめできっちりと、をイメージさせる仕事でした。

スポンサードリンク

厳しい父親との関係を戊・未の印星、母親が鋳型となって、間に入って和らげる関係?

16歳から25歳までの大運は丙午。
この時期も丁火は午火とともにエネルギーが強く、鍛錬は続き、精神的にしんどい時期が続いたことと思います。

一浪はしながらも志望大学に入学、希望する職業に就くことができました。

大運35歳まで乙巳・正財

1994年:甲戌・偏財、27歳で結婚。

大運45歳まで甲辰・偏財

丁酉・2017年は、庚金に丁火の鍛錬が入って、新しいデザインや性能に作り直すことが必要です。
多少、熱くてイタイですが、鍛錬を乗り切れば、周囲に役立ち認められる存在になって、大きく生まれ変わります。

戊戌の2018年は、トンネルに潜り込むのか、高い山登りですから、最初は厳しい昇りの道路かもしれませんが、頂上から素晴らしい風景を眺めながら、平地を目指すことができます。
これから10年のターニングポイントの2017年かと思います。

うんうん、楽しみに逃げないで、頑張ります^^と・・・・。

大運55歳まで・癸卯・傷官

大運65歳まで・壬寅・食神

手相

>

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です