出雲大社の縁結大祭2017年の日程や申し込み方法&スケジュールと服装の情報

Pocket

出雲大社では、古くより旧暦10月のことを「神在(かみあり)月」と呼んでおり、毎年旧暦の10月に神在(かみあり)祭 縁結大祭が行われます。
縁結大祭とは、大国主大神と日本中から集まった八百万の神々に「良縁・幸縁」をお授けいただくようお願いするご祈祷です。
2017年の縁結大祭の日程や申し込み方法と、縁結大祭の内容そして、服装についての情報をお届けします。

スポンサードリンク

受  付
銅鳥居前受付テントにて当日は午前8時よりご参列の受付を致します。

参列通知の葉書を持参して、受付を済ませます。
受付の際「幸縁むすび祈念絵馬」に願い事を記入します。

 

2017の縁結大祭日程

日  時

・12月1日 臨時縁結大祭 午前10時
・12月2日 縁結大祭 午前10時
・12月3日 臨時縁結大祭 午前10時
・12月4日 縁結大祭 午前10時

縁結大祭会場

出雲大社御本殿で行われる予定になっています。

縁結大祭募集人数

2000名(定員に達し次第受付が終了になります)
11月24日(金)まで申込み受付

縁結大祭申し込み方法

「縁結大祭」に参加するためには、11月24日までに申し込みします。

申し込み方法は、出雲大社のホームぺージに詳細があります。

出雲大社ホームページ
http://www.izumooyashiro.or.jp/taisai

往復はがきで申し込みしますが、往復ハガキ1枚につき1名の申込みですから、友人と一緒に参加という場合にはそれぞれで 一人一枚出しましょう。

参列通知の「返信ハガキ」は、おおよそ1週間~10日くらいで、返ってくるようです。

抽選ではなく、ハガキの応募順で、2000人に達したら、募集が終了となるようですが、
「今までは、縁結大祭に事前申込みをされて参拝できなかった方はいらっしゃいません。」
とのことです
が、出雲大社のホームページをチェックして早めに出してくださいね。

(11月20日の今日はまだ募集しています。)

縁結大祭当日のスケジュール

神在祭・縁結大祭は10時~11時半まで行われますが、受け付けは午前8時からです。

例年8時から受付が開始されますが、前の方の席を希望されるなら早めに行かれるといいでしょう。
実際、8時より前から並ばれてる人も多いです。

47都道府県ごとに代表者が選ばれて、絵馬をご神前に奉納するのですが、各県で一番に受付した人が選ばれるようです。

・受付で、縁結大祭参列通知のハガキに、幸縁むすび祈祷料(5000円)を添えて受付をします。

スポンサードリンク

・「幸縁むすび祈念絵馬」が渡されますので、願い事を書いて、縁結大祭の間奉持して祈念します。

・その後、八足門に並び、八足門内のテント内の席につきます。

・時間があれば、普段は入れない八足門内の筑紫社、御向社、天前社、門神社二宇に参拝されるといいでしょう。

10時になると千家宮司を始め神職が参進してお祭りが始まります。

神在祭の祝詞が奏上され、(大神さまと八百万神さまをお祝いする神在祭にも参列することにもなります)

縁結大祭の祝詞も奏上されます。
神楽の後に、47都道府県の代表の方が絵馬をご神前に奉納しますので、自分の都道府県の方と一緒に拝礼します。

 

出雲大社アクセス

アクセスホームページ
http://www.izumooyashiro.or.jp/access

一畑電車

一畑電車に乗れば、渋滞に巻き込まれることはありませんし、駐車場の心配もいらないのでおすすめです。
出雲市駅、しんじ湖温泉駅方面から出雲大社は、川跡駅で乗り換えのものがあります。

本数が少ないですので、しっかりと確認しましょう。

一畑電車時刻表
http://www.ichibata.co.jp/railway/timetable/index.html?f=holiday

駐車場

お車で行かれる方は、渋滞や駐車場が混雑することもありますので、早めに行きましょう。

縁結大祭に参加する時の服装

出雲大社のホームページには、
「当日は失礼のない服装でご参列下さい」と書いてあります。

失礼のない服装とはどんな服装かしら?と考えてしまいますよね。

 

祭場は、屋外です。
最初は寒さを感じなくても、1時間以上も座っていますから身体が冷えてしまうと思います。

縁結大祭は、12月1・2・3・4日に行われますから、大変寒い季節ですし、特に出雲地方は寒い土地ですから、暖かさを優先させた服装にさせていただきましょう。

一般的には、スーツや和服などで正装するのが一番かな?と思いますが、そこまで堅苦しく考えなくても清潔な服装ならいいかなと思います。

寒い季節ですし、厚手のコートが必需品、全体的に落ち着いた雰囲気にすれば大丈夫でしょう。

去年参加した方は、結構ラフな服装で参加した人もいたようですが、神様にお願いごとをするのですから、神聖な気持ちで参加したいですよね。

写真を見ると、コートを着たままで参列していますが、中が見えないとはいえ普段着のようなジーンズやジャージ、短パンや短すぎるスカート・スパッツ・Tシャツ・作業服などは、私的には失礼かと思います。

また、靴も運動靴やミュール・サンダルはできるだけ避けたほうがいいと思います。

寒い季節の野外になりますから、ホッカイロをたくさん用意していかれることをおススメします。

まとめ

縁結びで有名な出雲大社に日本中の神様が集まっての「縁結大祭」は、良縁を求めるあなた、強い気持ちを持って参列させていただきましょう!

想いは叶う!
大国主大神、八百万の神さまから幸縁を結んでいただいてくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です