坂本花織を四柱推命占い・2000年4月9日生まれの性格と運勢

Pocket

坂本花織を四柱推命占い・2000年4月9日生まれの性格と運勢
平昌五輪代表最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの女子のショートプログラム(SP)で自己ベストを更新する73.59点で、首位発進・坂本花織選手、五輪代表となるのでしょうか?

スポンサードリンク

坂本花織・2000年4月9日生まれの命式

日 月 年
丁 庚 庚 空亡 申酉
 辰 辰

坂本花織・2000年4月9日生まれの風景

坂本花織選手は、(ひのととり)の日、十二運は長生(ちょうせい)の日生まれの17歳。

丁火の燃える火が、庚・庚・酉金の大量の金属を溶かして、新しい製品を造っている風景、例えば、自動車工場などを想像します。

前向きで、向上心を高くもって、たくさんの人に自分を高く評価してもらいたいと、常に自分磨きに努力する人です。

辰月の丁火は、甲・乙の薪エネルギー運が来た時が、丁火が大きく燃え上がって存在感を表し、吉運気となります。
また、丙・丁の比肩・劫財の火の運も吉運気。

坂本花織・2000年4月9日生まれの性格

坂本花織さんの丁酉の人は、少しの空気の動きにも揺らめく炎のように細かい神経と、大きく燃え上がる火のようにいざという時には、驚くほどの度胸の良さを合わせ持つ人、何事にも器用なところがあって、華やかな世界で生きる傾向があります。

丁酉の人は頭が良く、人間関係の駆け引きも上手、社交性があって明るく活発、前向きでせっかちなところがあるので、ぐずぐずするのが嫌い、考え方や行動は、どちらかといえば、男性的です。

丁酉の人の性格は、繊細な神経と度胸の良さを兼ね備えていますが、無鉄砲で怖いもの知らずという強い個性の持ちでもあります。

丁酉の人は、ミステリアスで自由に生きる才能豊かな人、頭の回転が早く臨機応変に対処できる能力が高く、損得も見分ける感性を持っていて、仕事はセンスよく効率的にこなし、世渡りが上手です。

ただし、気分屋で周りの人からは考え方が定まらない人と思わることもあったり、トラブルメーカーなところも持ちながらも、トラブルを乗り越えるバイタリティーもあります。

丁酉の日生まれ女性の運勢

勝気で負けず嫌いな性格なので、人より少しでも恵まれた生活をしたい、華やかに生きたいという気持ちが強いので、働くことが大好きで、お金を追い求めるようです。

image夜桜

したがって、どうすればお金が儲かるか、何をすれば、無駄がなく、有利に物事を進めることができるかなど、考え方は合理的です。

じっくりと周囲を見渡したり、深く考えているよりも、まず行動して経験しながら、軌道修正していく傾向があります。

坂本花織・2000年4月9日の結婚運

結婚は、恋愛型で自分のことは自分で決めるタイプ。

酉・庚・庚の財星3個で、社交性もあり出会いはいっぱいあります。
日支と月支が辰酉の支合していますから、結婚運は安定している傾向が強いです。

スポンサードリンク

ただ、家庭と仕事の両立を理想としていますが、思い切りの悪さが家庭と仕事の板挟みとなって、自分で苦労の種を作りやすいです。

仕事が好きでお金儲けが好きなので、働くことに協力してくれる男性が理想です。

坂本花織2000年4月9日生まれの大運

01 11 21 31 41
庚  己  戊  丁  丙
辰  卯  寅  丑  

12歳~21歳の大運は戊・傷官

丁火は戊土の暖炉や、大きな建物に守られて燃える環境、寅は春の季節であり、丁火が燃え続けるための薪となります。
戊は、丁から通変性は傷官の自己アピールや表現力の意味があります。

12歳から、21歳は自分の才能を表現力を磨いて、世間に評価してもらうか?いかに自分を目立つ存在にできるかが、課題となります。

2012-2013(12歳)シーズン、
全日本ノービス選手権Aクラスで優勝。
招待選手として初出場となった全日本ジュニア選手権で9位。
2013年()3月(乙卯)には初めての国際大会・トリグラフトロフィーに出場、2位。

2013(癸巳・偏官)-2014(13歳)シーズン

ジュニアクラスに移行。
アジアフィギュア杯のジュニアクラスで優勝。
ISUジュニアグランプリシリーズ・JGPチェコスケートに出場し6位。
全日本ジュニア選手権では6位、
ジュニア招待選手として初出場の全日本選手権では15位に終わった。

チャレンジカップではジュニアクラスで優勝した。

2014(・印綬)-2015(14歳)シーズン

2日本開催であるJGPメ~テレ杯に出場し7位。
全日本ジュニア選手権ではSP4位からFSで3位となり、総合2位。
全日本選手権では6位、
世界ジュニア選手権の代表に選出された。
初出場となった世界ジュニア選手権ではSPで4位・総合6位。

2015(未・偏印)-2016(15歳)シーズン

アジアフィギュア杯のシニアクラス・3位に入る。
JGPリガ杯では、SP・FSともにパーソナルベストを更新し2位。

2016(・劫財)-2017(16歳)シーズン

JGPサン・ジェルヴェで2位。
初出場のJGPファイナルでは銅メダルを獲得。
全日本ジュニア選手権では初優勝。
世界ジュニア選手権では、銅メダルを獲得。

2017(・比肩)-2018(17歳)シーズン

丁酉の日生まれの坂本花織さんにとって、丁酉の年の2017年は、併臨(へいりん)と言って、人生の大きな転換期となります。
日干支の併臨ですから、自分と同じエネルギーがもう一人分プラスされると考えられ、エネルギーがアップ。

思った以上に度胸がよくなり、自分をアピールできますから、独立運が強くなったり、社会的な名声を得たり、と想像すると、坂本花織さん
平昌五輪代表になる可能性は極めて高いのでは?と思います。

シニア国際大会デビュー戦・アジアフィギュア杯で優勝。
全日本選手権の出場を目指す近畿選手権で、参考記録ながら自身初の200点超えとなる201.15点を獲得して優勝した。
ここまで、大きな飛躍を遂げている2017年です。応援しています^^。

丁酉 長生の日生まれ女性有名人

藤井りな ・1984年7月2日
新垣由依 ・1988年6月11日
浜崎あゆみ・1978年10月2日
小池栄子
村上佳菜子・1994年11月7日
坂本花織 ・2000年4月9日

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です