四柱推命占い 通変星 乙日干と戊 正財との相性と象意

Pocket

乙と戊正財との相性と象意

乙はお花です。
きれいに咲いて、人を癒すのが使命。
きれいに美しく咲いて、人に褒めてもらうのが生きがい。
乙木からみて、戊の通変星は正財、
正財は、お金土地不動産、資産の星、吉星と
喜ばれます。

戊土は、山がイメージなので、バランスが良ければ

戊は大きさにもよりますが、花を生ける花瓶や温室になります。
マルテ~2.JPG

乙のお花は、戊の花瓶に活けられて、人を癒します。

スポンサードリンク

または、おうちの中や、温室の中で雨風で汚れないように、
倒れてしまわないように、大事に守ってもらう関係。

それから、土に根をおろして、土から栄養をもらって
きれいな花として、咲くことになります。

乙からみて、戊は正財、戊は山土、土地不動産、資産。
土地不動産を持つ、資産家の夫に守られて、きれいに咲く生活が理想。

それとも、戊はガンコ親父的な、岩山やコンクリートでもあり、
固い山の頂に芽をだし厳しい自然と戦う?雑草や、
コンクリートやアスファルトの道路のすき間から芽をだして
頑張って育っていく雑草?
乙はお花、あまり、頑張らないで、守ってもらう方が、男女とも
安定した生活になりそうです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です