金水傷官の観月ありさ1976年12月5日辛卯 絶の仕事と結婚運 

Pocket

観月ありささん、誕生日は1976年12月5日

観月ありささんの記事に質問をいただきました。

私、観月ありささんと同一生年月日なのです(笑)
もちろん時柱がわからないので全て同じではないかと思いますが。。

スポンサードリンク

今年2015年は空亡ですが三合木局となり、いわゆる解空となるかと思いますが、日干が辛なので金と木となり良くないような気もします。

このような解釈につきまして先生はどう思われますでしょうか。

✩   ✩   ✩   ✩   ✩

金剋木について

亥卯未三合で解空となり、乙は亥卯未に根を張り、成長すると想像します。

確かに金剋木の直接対決は良くないと思いますが、金 ⇒ 水 ⇒ 木と月支の亥水が通関神の役目をして、金剋木がきつく働くことはないと思います。

2014年は、甲午・甲と己が干合して、辛金にまとわりつく己土が取り除かれて、辛金の輝きが増すようになると、想像しました。

己土は月柱にあり、社会運なので、印星の親や上支えてくれる人となりますが、辛金にとって己土は泥土、土の中から辛金は生まれる、土によって大きく育つ応援してもらえると考えたり、辰土もありますから、辛金の輝きを邪魔する己土はいらないのでは?
と思ったり・・・・。

己土は、何らかの理由で辛金の輝きを邪魔する存在では?
それが、取り除かれることによって、自分らしく輝くそんな環境になったのではないでしょうか?

辛金は、亥水に磨かれてますます輝きを増すでしょうし、大運の丙申運で丙辛の干合で、迷いはありますが、申金でだいぶ大きな金属の商品として存在感をアピールできるようになりました。

次の大運は乙未(きのと・ひつじ)結婚はあるか・。

辛金の観月ありさ さん、辰土に乙の花を植えて、きれいなお庭の管理人になるようです。
乙木は財星、卯木に根をしっかり張って木 生 火と官✩を強めます。

亥卯未の三合木局となり、季節は未月の夏ですから、花畑はみごとな花を咲かせると想像しています^^。

丙申の妬合もあり、いろんな男性が現れて迷ってしまうかもしれませんが、乙の花畑を一緒に見守る、太陽丙火は夏の季節には元気に燦々と輝きます。

乙未の2015年、結婚のお話があるかも・・・。

大運をみても、いつ結婚してもおかしくない、条件がそろってきているように思います。

スポンサードリンク

仕事や、プライベートともに自分らしく充実させていかれることと思います。

観月ありさ 命式

日  月  年
  己  丙
    辰

09 19 29 39 49
己  戊  丁  丙  
  戌  酉  申  未

辛卯(かのとうさぎ)の日生まれ、
12月5日、金水傷官、正官拒まずの命式。
冷たい冬の水の中で、磨きをかける宝石がイメージ。
年干に丙の太陽、正官が輝いて、寒い冬の季節ですが
小春日和りのおだやかなお天気です。

己・辰・の印星、母親がしっかりと成長を見守っています。

大運は、19歳まで戊戌、20歳から29歳まで丁酉
30歳から39際まで丙申、で現在37歳。

観月ありささんの誕生日の特徴は、辛の星が一個だけなので、本人は身弱というか、小さなダイヤモンドなんですね。

辛の隣、月干に己の印星がつききりで見守って何かと助けて、年干にある丙の太陽がダイヤモンドにスポットライトをあてて、輝きをアピールしています。

年支の辰土も丙太陽に温められた湿度ですから、辛が大きく成長するのを助けています。

己土は、小さい時は母親、大きくなってからは、会社や世間とみます。

本人の努力もあるでしょうが、周囲からの応援をいただける人気運をもっている誕生日になっています。

あ・・・観月ありささんの恋愛・結婚はどうなるの?ですが、
2014年・甲午の年は、己と甲が干合します。

己の印星が見守る、というか観月さんいとって恋愛や結婚に口出しをしている傾向がつよかったのですが、
干合すると、それが無くなる・・・。
じゃましているものが、取り除かれるので、周囲の反対も無くなる。

本人の気持ち次第という環境になってきたようです。
丙の太陽は、正官、男性の星ですが、去年の癸巳・巳火から午火と丙の太陽は強いエネルギーになってきています。

7月は、亥卯未の三合木局、
2015年・乙未、亥卯未
2016年・丙申、
と結婚に縁が強い星が並びます。

いつ結婚してもおかしくない時期がきています。

ちなみに、青山光司さんとは、亥卯未・三合木局して青山さんに、安定を与える相性になっています^^。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です