四柱推命占い 通変星 乙日干と壬 印綬との相性と象意

Pocket

四柱推命占い 通変星 乙と壬 印綬との相性と象意

乙(きのと)はお花やツル系の植物がイメージ。
きれいに美しく咲いて、人を癒すのが使命です。

壬(みずのえ)水は湖や河川など大量の水がイメージ。

スポンサードリンク

乙のかわいいお花に比べて、湖や河川のスケールが違います。
たしかに、花が潤いがあってきれいに咲くには、
水は必要なのですが多すぎる水は、
花の根を腐らせますし、状況によっては
乙は、浮き草となって、流されてしまいます。

スポンサードリンク

乙から見て、壬は通変星 印綬。

印綬は、両親、母親、知識など・・・。
親の過保護が子供を、だめにするということになりやすいので
この形が命式にある時は、命式のバランスによりますが、
子供と、親の距離の取り方を考える必要があります。

乙と壬の相性は、可憐なお花が壬の湖畔や河川敷に咲いている風景
癒される風景と思うところもありますが、
乙は雑草となって、しっかり根をはって頑張る必要がありそうです。

戊の土手があってこそ、安定して咲き続けることができ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です