小向美奈子 1985年5月27日丙寅 長生の性格と運勢 

Pocket

小向美奈子さんが覚せい剤をやめられないのはなぜ?。
誕生日は1985年5月27日。

小向美奈子さんの生まれた日は、
丙寅(ひのえ・とら)の日。

スポンサードリンク

日  月  年
       空亡 戌亥
  巳  丑   6白金星

03 13 23 33 43 53
  壬  癸  甲  乙  丙
巳  午  未  申  酉  戌

丙寅(ひのえ・とら)の日干 丙 を魂とします。

丙火は太陽、5月は初夏の季節なので、
暖かいエネルギーたっぷりの
太陽として輝いています。

小向美奈子さんの太陽が照らす風景は、
丑土の大地に乙・寅木の植物が植えられ、
辛金のハサミの植木屋さんが
手入れをしようと頑張っています。

小向美奈子さんの誕生日の命式の使命は、
この乙・寅木が、丑土から栄養をもらって、
瑞々しい潤いのある植物として
育てることができるか・・・なんです。

丙火の太陽は夏の季節なので、燦々と輝いて
エネルギーたっぷりです。

でもね、熱く照り輝くほどに、丑土は水分を
蒸発して乾くことになり、乙・寅木に水分が
いきません。

水星がないのが悔やまれます。
木星は精神面、心を表します。
乙・寅木が水不足で枯れそうになり
水の癒しを求めます。

辛金は、生け花用の小さなハサミなので、
乙・寅のたくさんの植物を手入れするには
力不足のようで、刃こぼれをおこします。

おまけに、丙辛干合しますから、
気持ちが統一できず乙・寅木の
手入れをするお仕事に身がはいりません。

乙・寅の植物は雑草となり、伸び放題。

丙の太陽は、輝けば輝くほど乙・寅木は
伸びてしまうので、自分で自分のコントロールが
必要なのですが、戊己土・庚金や壬・癸水星が
ありませんので木火のコントロールができません。

おまけに、水星がないのは、夏の熱いお天気で
丑土も乾燥気味、乙・寅木も潤いがありません。

13歳まで壬午・23歳癸未と水星運で
多少のワガママもゆるされたようですが、
24歳から、甲申運に変化して、巳・寅・申の三刑運。
慌ただしい運気で、心身ともに落ち着かない、
となります。

事務所から、契約解除を求められました。

大運は甲申、秋の季節に移りましたが、
まだ残暑厳しく、丑土一個の狭い土地に
甲木が一本増えたものですから、水分が
ますます足りなくなりました。

辛金は申金に根がついて、大きなハサミに変身。
寅木は、根元から、着られてしまいそう、
精神面は、ますます不安定です。

スポンサードリンク

2014年の年運と運勢

2014年の干支は、甲午(きのえ・うま)
またまた、甲木の大木が1本増えて、
丑土は栄養不足で、カスカス、砂のように
サラサラで粘り気がありません。

午火は真夏、一年で一番熱い季節の太陽の象徴。
小向美奈子さん、陽炎を見ていたのかも・・・。

From Wikipedia

陽炎(かげろう)(heat shimmer,heat haze)とは


局所的に密度の異なる大気が混ざり合うことで
光が屈折し、起こる現象。

よく晴れて日射が強く、かつ風があまり強くない日に、
道路のアスファルト上、自動車の屋根部分の上などに
立ち昇る、もやもやとしたゆらめきのこと。

このような現象は平原や砂浜など様々な場所で
見ることができる。

焚き火の炎の上、エンジンなどの排熱には
明瞭なゆらぎが見られる。

こんな状態で、甲木の植物は育つことができません。
自分で自分をどうしていいかわからない
状態だったと思います。

甲木は精神面、心の状態です。
神経が不安定でとなります。

乙未の2015年の運勢、

甲午の午火が去って未土に炎熱を漏らして
少しずつ冷静になっていくのかな?

ただ、未土は7月の熱い季節の土なので、
水分はなく一気にとは行き難いようです。

丙申の2016年

秋の涼しい季節になります。
この辺から落ち着いてくると思います。

覚せい剤を辞めることができるか?

小向美奈子さんの誕生日に欲しいのは壬・亥・子の水星。
特に子年生まれの人とご縁がありますように・・。

また、丙から水星の通変星は官星。
自分を上手にコントロールする力を
手にいれなければなりません。、

戊己、丑・辰の湿土に熱すぎる火のエネルギーを
漏らす、吸い取ってもらうのが一番いいのでは?
と思います。

土は食傷の専門的な技術や表現力。
乙・寅の植物も土に根をおろして安定します。

知性・教養・経験したことを、世間に伝える。
自分の内面に持っているものを、いかに使うか
使えるものにそだてあげるまで、頑張れるか?

丑年生まれや、1月の丑月生まれの誕生日の人。
寒い季節生まれの土星を少し多めに持った
誕生日の人を見つけてお友達や、結婚の伴侶と
なってもらえたらいいのになあと思います。

丙にとって、乙・寅木は印星。
土星は、食傷、自分の内面に持っている才能や経験を
表現する力を養うことができれば、と思います。

乙や寅木は秋の季節は収穫となり、おとなしく
なっていきます。
丙の太陽エネルギーも穏やかになります。

それから、辛金星が申金や酉金の根をもって
金剋木とバランスがとれて、印星を上手に
使うことができるようになるのでは?
そんな運気になってきますように、祈ります。

壬水の星を持つ、豊かな水星の人との
ご縁があったらいいな・・・と祈っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です